低カロリーな雑炊は食事制限にもおすすめ!

低カロリーな雑炊は食事制限にもおすすめ!

身体にやさしい雑炊は手軽に作れて低カロリーなので、

置き換えダイエット食としても人気があります。

具材を色々と変えながら作れば味も楽しめ、少量でも

満足感を得やすくなるので、食事制限中にもオススメ

です。

雑炊で健康的にやせよう!

雑炊が食事制限でオススメなわけ

雑炊はお出汁でお米を煮込んで作りますので、お米が

水分を含んで膨らみ、少ないお米の量でもボリュームが

増し、見た目もおなかの満足感も得やすくなります。

普段のお米の量の半分で作れるため食べすぎを防ぐこと

ができ、摂取カロリーを簡単に減らすことができるので

食事制限にも効果的です。

雑炊を食べる時のポイント

ご飯がやわらかく水分が多いので、どうしてもあまり

噛まずに食べてしまいます。

噛みごたえのあるごぼうや人参などの野菜やきのこ、

こんにゃくなどを加えて意識的に噛む回数を増やし

満腹感を得られるようにするといいですね。

そして出来たての熱いうちにいただきましょう。

冷ましながら食べるので早食いを防ぐことができ、

ゆっくり時間をかけて食べるので、満腹中枢を刺激

して少しの量でも満腹感を得ることができます。

雑炊にオススメの食材

雑炊に入れる具材によっては痩せる効果を上げてくれる

食材もあります。

生姜は身体を温めてくれるので代謝を上げ、脂肪燃焼

効果を高めてくれます。

刻んだり、すり下ろした生姜を雑炊の中に入れると

風味もよく美味しいですよ。

寒天は食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消に

効果があります。

またカルシウムの吸収を高めるカリウムが含まれて

いるためデトックス効果もあります。

雑炊にカット寒天や粉寒天を加えて一緒に煮込む

だけでOKです。

ほとんどカロリーもなく、味に癖もないので取り入れ

やすいですね。

こんにゃくも寒天と同じくカロリーが低く、食物繊維が

豊富なので便秘解消に効果があります。

やわらかな雑炊にこんにゃくをいれることで歯ごたえが

出てくるので食べ応えも抜群です。

白米を玄米や雑穀米に変えてみてもいいですね。

食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素が

白米に比べ豊富です。

基本的な雑炊の作り方

鍋にだし汁をいれて味付けをし、好みの材料を入れて

煮込みます。

材料が煮えたらごはんを加え、ひと煮立ちしたら

出来上がりです。

※炊き立てのごはんはそのまま加えて大丈夫ですが、

冷や飯を利用する場合はザルに入れて流水で洗い、

ぬめりをとっておきます。

※味付けは薄口醤油、塩、料理酒などで薄めに味付け

しましょう。

いかがでしょうか?

シンプルな雑炊は具材を変えれば色んな味を楽しむこと

ができ、栄養もしっかり摂ることができます。

1日の中でもっとも摂取カロリーを抑えたい夕食を

雑炊に変えることで痩せやすくなりますし、食べ過ぎた

日の翌日の食事の調整に利用してもいいですね。

一人暮らしで少しの量しか必要ない場合や、料理が苦手

な方は市販のおかゆを利用されると、食べ残しの心配や

鍋など洗う手間もなく便利ですよ。 

Related Post